消防設備全般 保守管理・設計・施工

中央消防機材株式会社は、昭和42年設立により消防設備業を営んでおります。お客様の『生命・財産を火災から守る』ため、火災の早期発見及び初期消火をおこなえるよう設備の維持管理を社員一丸となって奉仕致します。

営業種目

消防設備保守点検(年2回6か月ごと)

各設備の点検を実施し、所轄の消防署へ結果の報告を致します。

  • ・消火器具
  • ・屋内消火栓設備
  • ・スプリンクラー設備
  • ・水噴霧消火設備
  • ・泡消火設備
  • ・不活性ガス消火設備
  • ・粉末消火設備
  • ・屋外消火栓設備
  • ・自動火災報知設備
  • ・ガス漏れ火災警報設備
  • ・漏電火災警報器
  • ・非常警報設備
  • ・非常放送設備
  • ・避難器具
  • ・誘導灯
  • ・誘導標識
  • ・排煙設備
  • ・連結送水管
  • ・連結散水設備
  • ・非常コンセント設備
  • ・消防機関へ通報する火災報知設備
  • ・無線通信補助設備
  • ・消防用水
  • ・非常電源専用受電設備
  • ・蓄電池設備
  • ・自家発電設備
  • ・防火設備

防火対象物点検(年1回)

点検を実施し、所轄の消防署へ結果の報告を致します。

防火管理の状況
防火管理者の届出、消防計画の作成等、避難訓練の実施状況
建物の状況
避難階段の障害、防火戸の障害、消防設備等の状況、増改築
上記の点検を、建物の関係者様・防火管理者様等に聴取・目視により点検します。

防災管理点検(年1回)

点検を実施し、所轄の消防署へ結果の報告を致します。

防災管理の状況
防災管理者の届出、消防計画の作成等、避難訓練の実施状況
建物の状況
震災対策の状況、避難施設の管理状況

建築設備定期検査(年1回)

点検を実施し、所轄の役所へ結果の報告致します。

換気設備
排気フード等の風量測定などの検査をします。
排煙設備
排煙口の風量測定などの検査をします。
非常用の照明装置
照度の測定などの検査をします。
給水・排水設備
給水の塩素濃度測定等の検査をします。

特定建築物定期調査(3年に1回)

点検を実施し、所轄の役所へ結果の報告致します。

敷地について
敷地が防災上危険な状態でないか等を調査します。
構造について
自然採光や自然換気に問題がないか等を調査します。
強度について
外壁や梁等に危険な割れや剥離が無いか等を調査します。
耐火構造について
住宅部分と他の部分との間仕切り壁や、防火扉に問題は無いか等を調査します。
避難について
廊下・階段・バルコニー等に、非常時の避難が支障なく行えるか等を調査します。

防火設備定期検査(年1回)

点検を実施し、所轄の役所へ結果の報告を致します。

防火シャッター・防火扉・ドレンチャー設備を作動させ検査致します。

消防用品の販売

  • ・消火器
  • ・避難器具
  • ・消防用ホース
  • ・消防ポンプ
  • ・救命具
  • ・非常照明用バッテリー
  • ・誘導灯用バッテリー
  • ・震災対策用品
  • ・標識板各種

消防設備の設計・工事・改修

  • ・自動火災報知設備設計・施工
  • ・防排煙連動設備設計・施工
  • ・各種消火設備設計・施工
  • ・非常放送設備設計・施工
  • ・避難器具設備設計・施工
  • ・自家発電設備設計・施工
  • ・防犯設備設計・施工
  • ・その他各種設備
※建物の老朽化とともに、設備も老朽化がすすみます。

消防設備業総合保険加入

お客様には、より安心したサービスを受けて頂けますように、当社では消防設備業総合保険に加入しております。

・保守義務
・新設・増設工事

ページの先頭へ